適当にトリミングしてから縮小しています。クリックすると大きくなります。(たぶん)最近の写真はW=1500pxです。拡大表示するとぼやけます。

  

2018/07/08

Satoyama 7/1-7/8 2018 Vol.1

もう完璧な夏です。
卵を見つけたムラサキシジミのその後を追っかけています。
7/1 今一度現地撮影
7/1 孵化した卵を見つけた
7/1 その近くの若芽にこんなのがいた
7/8 少し大きくなっている アリが取り囲んでいる
7/8 もう一匹違う枝で。1本のコナラの幼木で計3匹いた。

さて、こんなふうに林の中を歩いているといろんなものに出会う。
ムラサキシジミの卵を探していて見つけたミズイロオナガシジミの卵。
来春までじっとこのままです。
ヤマハギではルリシジミが産卵中
花芽にその卵 繊細な幾何学模様が綺麗です。
同じヤマハギで別の卵を発見。
キチョウの卵です
こちらではヤマトシジミが産卵中
これが卵
ベニシジミは葉っぱの穴に腹端を突っ込んで葉っぱの裏に卵を産みます。
チョウのメスが低空飛行で食草の近くを飛んでいたら、ほぼ産卵場所を探しているところです。
運良く産卵シーンを見つけたら良く見てみれば卵を見つけることができます。






2018/06/24

Satoyama 6/23-24 2018

ムラサキシジミがいつになく多い年です。
あちらこちらでコナラに産卵中
別のコナラの葉っぱの上
これはコナラの葉の付け根に産んだもの
この辺ではコナラが食樹になっています。

オオムラサキも数が増えてきました。
東屋によくやってきます。
大きくて綺麗
樹液酒場も一か所見つけた。
あと記録
F.y.Shia1N
Y.s.♀

2018/06/19

Satoyama 6/9-17 2018

記録用(写真のみです。)
N.j.MKTopSSW100PM

S.w.MKTopS100PM

S.m.OPHW20

U.s.Shia1NW30

F.o.MAPNorthP.9:00

C.s.OPHNW30

F.s.Shia1NW20
Shia1
MKtopS200

MK//W30

MKTopS100

Shia1


2018/06/03

Satoyama's butterfly Today(2018.06.03)

新しいスジボソヤマキチョウ(初見)
昨日は近づけなかったウラゴマダラシジミ
メスグロヒョウモン(オス)昨日初見
ウラギンヒョウモンとテングチョウの小競り合い
ケヤキの枝先の芽から美味しい蜜でも出ているんでしょうか
ミスジチョウがテリハリしてます







2018/06/02

Zephyrus0602 (2018.06.02)

今年は何もかも早い。
今年の初見
こちらも初見。ただし飛ぶ様子から数日前から出ていた感じ。




2018/05/30

5月後半の里山(2018.05.26.27)

暑い日が続いてますね。
土日に集中して撮影するので、撮った写真のチェックが大変です。
車を降りた途端にやってきたゴマダラチョウ春型。しきりに水筒のカバーでミネラル補給です
他の場所ではテリハリしていた。 運良く下へ降りてきた。。
アゲハモドキが大発生してます。
この中に4匹もいます(赤丸内)
ちょっと見はジャコウアゲハ、でも蛾です。
テングチョウは今年の成虫が出始めました。
クロヒカゲ
サトキマダラヒカゲ
チャバネセセリ
メスを追いかけ回すクモガタヒョウモン
ミスジチョウ
ミヤマシジミも増えてきた